2015年6月9日火曜日

闘魚の一郎とジャズナイト

アメリカのお友達が飼っていた闘魚(ベタ)を預かったことがありました。いやあ、美しさに見惚れました。で、働き始めたら絶対に自分の仕事部屋で飼いたいって思ってたのでした。就任式をしていただいたあと、ホーマックから連れてまいりました。水槽などなど一式、ホーマックのお兄さんに教えてもらって選んで。

 

 


けっこう毎日調子がいいと思いますよ。餌を食べるときの動きが俊敏です(笑)朝は、What's up, Ichiro?! Sleep well? ってアメリカっぽく話しかけています(笑)

美しいですね、この赤と青の絶妙な色が。一郎、カッコよすぎる。一郎のヒレの一筋一筋、その色を眺めるたびに、いやあ、神様のデザイン力ってほんとうに素晴らしいって思うんですよねえ。


そして、仕事の時はいつもジャズラジオドットコムっていうインターネットラジオをかけているのですが、その中で特に最近いいなぁと思ったアーティストのCDを買ってみました。Ken Peplowski というスイングジャズ分野で知られる、クラリネット奏者、だそう(ウィキペディア情報)。

この人の演奏、昔行ったジャズバーとかコンサートを思い起こさせられます。こういう音楽を聴くとちょっと都会の夜が懐かしくなったりもしますが、まぁ、そういうのは今後いくらでも経験できるだろうしな。

そういえば、さきほどCNNのニュースでアップル社が Spotify や Pandra みたいなサービスを月がく9.99ドルで始めるって言ってましたね。日本でも配信されるのかな?!日本、ほんとインターネット鎖国すぎるからなぁ。

Lastfm をさっき登録してみました。http://www.lastfm.jp/user/Reinau25/library


昼間の事務仕事やら何やらを終えてシャワー浴びたあとに、ジャズを聴きながらソファで神学書を読むって最高に気持ちがいいな〜。あ〜ここに牧師として呼んでもらって幸せでございます。夜は静かだし、朝は鳥の音で起きるし。野菜はおいしいし。自分で作ったピクルスと、今日のトマトスープはわりとおいしくて、おいしいわ〜って言いながら食べてましたよ、一人で(笑)

今週から祈祷会で『イエス最後の一週間』を読み始めるので、今日はこれを読んでいました。神学校の新約聖書学の教科書でもありました。英語だと、The Last Week What the Gospels Really Teach About Jesus's Final Days in Jerusalem です。当然ですけど、やっぱり日本語のほうが早く読めますね(笑)

日本語の神学書(昔々のすごーい難しいのでなければ)この感じだと週に2冊くらいのペースで読めそうな気がします。英語もまだ読みきってない本がたくさんあるから、週に半分くらいのペースで読むのを目標にしようかな。それで、一週間に2冊半か。その他に、一般書も2冊くらいは読んだほうがいいでしょうね。

今週は子ども向けの哲学絵本というのを2冊は読みましたけど、それはまた別だな(笑)

ブログも、日本語でも英語でもがんばろう。


就任式と提出物が終わって、いよいよ自分のペースを作っていく時期です。


一郎とジャズといっしょに、楽しんでいこうっと。






0 件のコメント:

コメントを投稿

教会での差別体験

ずいぶんブログを書いていなかった。 そりゃあ、知らないうちにブログをチェックされて知らないうちに仲間外れにされる経験をしたのだから、書く気持ちが出てこなかったのも当然だなぁと思う。 私があからさまな差別体験をしたのが、2015年の秋から冬にかけて。 今朝、東北で...