2015年1月20日火曜日

デボーション・メルマガノススメ。

デボーションとは、英語では「献身・ 献身的な愛情・敬虔・信心・礼拝」などという意味です。キリスト教の教会でこの言葉を使うときは、たぶん「聖書を読んで神さまに献身的に個人の時間を捧げる行為」のことをいうように思います。

「デボーションする」という言い方もします。

どちらかと言えば、福音派と呼ばれる教会で熱心に実践されています。

私は、中高生の時に行っていた教会で、ほぼ学校の宿題と同じような感覚でやっていました。とあるテキストブックを使っていました。時間はなるべく朝の15分。テキストに従って、黙想、聖書を読む、黙想して思ったことを書く、お祈りという順序で行います。聖書を読むときはテキストについている別冊の聖書解説を読みます。


当時は毎週一回、牧師が自宅に家庭教師のように指導しに来てくれていましたので、デボーションをやっていないとなんとなくバツが悪かったし、もちろん、神さまとの時間はとても大切なモノだと考えていましたので、なるべく頑張ってやるようにしていました。


しかし、「別冊の聖書解説」の解釈に必ず従わなければクリスチャンとして認められないような雰囲気はしんどかったですね。私はとってもマジメな中学、高校生でしたが(笑)「解釈の押し付け」に対しては、反抗心・抵抗感がありました。当時は解釈の押し付けではなく、その解説が「真のクリスチャンとしての唯一の正しい答え」だったのですけどね。


毎日聖書を読むという習慣を10代の頃に実践させられたのはよかったです。


今では、あの時のようなやり方でデボーションをしているわけではありませんが、毎日4種類の短い黙想(デボーション)メールを受け取って読んでいます。


今日はそれを皆さんにもご紹介。英語ですけどね…。


  1.United Church of Christ が発行している Daily Devotional というメール。一番リベラルな内容の黙想です。

Stillspeaking Daily Devotional: http://www.ucc.org/daily_devotional

  2.冊子でも出ているアッパールームのメール。1と3と比べると、わりと中立的な内容かな。私はアメリカからのを受信してます。日本語でもあるのかな?
The Upper Room Daily Devotional: http://devotional.upperroom.org/emaildevotional

  3.Joni Eareckson Tada という幼い頃の事故で障碍を負い奇跡的に回復してベストセラー作家となったクリスチャンの女性が執筆した文章の中から抜粋されている黙想文。保守的な内容です。
Joni and Friends Daily Devotional: http://www.joniandfriends.org/daily-devotional/

  4.Presbyterian Church USA が提供している d365 というアプリのウェブ版。メールでは今日も読みましょうよ、的なお知らせがきます。

Devotionals 365 days a year: d365.org

1と4は、教団として Revised Common Lectionary という聖書日課を使っているので、デボーションもおおむねその聖書日課に沿った内容になっています。


3は執筆者がひとりなので彼女の思想に偏っているわけですが、1・2・4はさまざまな執筆者が記事を提供しています。


4つも受信しているのは自分の勉強のため、リベラルから保守まで色々な文章に触れておきたいからです。



日本語で読める冊子もありますが、私は読んでいません。


10代の頃マジメに学んでいたのでよくわかるのですが、日本のデボーション冊子の内容は、LGBTに対してあからさまにフレンドリーではないキリスト教神学に基づいています。そして、先程も書きましたが、それが「唯一の正しい答え」なのです。


というわけで、私にとって彼らの文章は神さまとの時間のためにふさわしくありません。



英語の練習にもなるので、以上で紹介したデボーション・メルマガをひとつでも読んでみるの、おすすめです。


日本語でも今回紹介したようなスタイリッシュなデボーション・メルマガがあるといいんですけどねぇ。私が作ればいいのかなぁ…。読む人いるかなぁ?




本日のオフィス机。

0 件のコメント:

コメントを投稿

教会での差別体験

ずいぶんブログを書いていなかった。 そりゃあ、知らないうちにブログをチェックされて知らないうちに仲間外れにされる経験をしたのだから、書く気持ちが出てこなかったのも当然だなぁと思う。 私があからさまな差別体験をしたのが、2015年の秋から冬にかけて。 今朝、東北で...