2014年2月24日月曜日

Anpanman ... Goat Meat

I had a children's class at church today. I read a Japanese children's book "Anpan-man" which is about "Red-bean Bread hero" and his friends. I also explained about the author Takashi Yanase who suffered from hunger when he was a soldier during World War II. He thought that hero was not the person who could fight against someone but the one who could share food for the hungry and the needy. He was one of a few Christians in Japan and passed away last year.



The kids were very quiet and concentrated my story. I was so impressed.


In the Anpan-man story, this hero has never killed or defeated their enemy, "Baikin-man." Rather, Anpan-man tells Baikin-man what is wrong. Primary important thing for Anpan-man is to help people. I think this is based on the idea of Christianity. Sharing red bean bread!

By the way, I had a supper with my Kenyan friends this evening. They offered goat meat. I ate goat meat for the first time! It was good and special.

Thanks!!!

今日は、実習教会の子どもたちにアンパンマンの絵本を読み聞かせして、作者がどんな思い出このヒーローたちを描いたのかを説明しました。子どもたち、真剣に静かに聞いてくれて、とても可愛かった。

作者のやなせたかしさんのインタビューの記事なども読んでおいたので、やなせさんがどんな思いでアンパンマンを描いたかを説明した。

アンパンマンはバイキンマンをやっつけるけど、決して殺したり倒したりはしない。わるいことをわるいよって伝えるだけ。そして、誰かを助けることが優先順位。これはやっぱりキリスト教的アイデアですよね。パンを分け合うっていうのもね。

そして、夕飯はケニア人の友達の家で、初めてヤギ肉をいただきました。ふむ。筋肉でしたな。よく噛んでいただきました。おいしかったです。

さあ、今週もがんばろーう。


0 件のコメント:

コメントを投稿

教会での差別体験

ずいぶんブログを書いていなかった。 そりゃあ、知らないうちにブログをチェックされて知らないうちに仲間外れにされる経験をしたのだから、書く気持ちが出てこなかったのも当然だなぁと思う。 私があからさまな差別体験をしたのが、2015年の秋から冬にかけて。 今朝、東北で...